ルイボスティーの効能リサーチ隊
HOME » ルイボス茶の副作用を徹底リサーチ

ルイボス茶の副作用を徹底リサーチ

赤ちゃんから妊婦さん、高齢の人まで飲めるルイボス茶について、副作用があるかを調べました。

ルイボス茶には副作用がある?

ルイボス茶は、南アフリカで300年以上も昔から健康や美容効果の高いお茶として親しまれています。

茶葉は無農薬栽培されたもので、ノンカフェイン・タンニンも少量しか含まれていないため基本的に副作用と言うものはありません。

ルイボスティーは不妊治療にも効果的であり、妊娠中に飲むことで胎児の健康増進や流産防止にもなるとのことです。

赤ちゃんから高齢者まで安全に飲めるルイボス茶

副作用のないルイボスティーは、赤ちゃんから高齢者まで安全に飲めます。

ですが、このように安全性が高いルイボスティーでも、たくさん飲みすぎると体調によってはお腹がゆるくなってしまうことがあるので注意しましょう。

それから、ルイボスティーには少量でありながらも、タンニンが含まれています。ですんどえ、アトピーなどアレルギー症状を持つ方が飲むと、症状が悪化することがあるかもしれません。

特に、アトピーは水分を過剰摂取すると症状が悪化するので、水分の摂りすぎは控えることをオススメします

ルイボスティーは毎日適量を長期間、飲み続けることで効果が得られるものです。そのため、自分の体質やその日の体調を見ながら、適量を飲み続けるようにしてください。

最後に、ルイボスティーに含まれるタンニンが問題視されたこともあるようですが、ルイボスティーに含まれるタンニンはわずかであり、健康被害を及ぼすことは考えられません。

 
ルイボスティーの効能リサーチ隊